合同会社(日本版LLC)とは?

これまでの会社類型は、大きく分けると次の2タイプしかなく、選択が硬直化していました。

新会社法では、「有限責任社員」のみで構成され、「組織の内部自治」が認められる新たな会社類型として、合同会社(アメリカのLLC【Limited Liability Company】を参考にしている為、「日本版LLC」とも呼ばれる)が新設され、構成社員が業務執行権限を有する等の特徴もあり、創業やジョイントベンチャーなどでの活用が期待されています。